2017-02-16

cobird 個展 氣配 sensed someone


cobird  小林利充 個展

氣 配 sensed someone 

18 Feb. 2017 - 5 Mar.2017  11:00 - 18:00















私cobird / コバードは広島県尾道市、光明寺會館にて2月18日より個展「氣配 (sensed someone)」を開催致します。
昨年より、「幽霊」と「織物」をテーマにコラージュ作品を中心に発表。夏には今回の展示の舞台となるAIR尾道のスタジオにて約2ヶ月間の滞在制作を行いました。

墓地に囲まれたスタジオで更けた夜。
締め切った空き家の暗闇。
尾道での経験がヒントとなり、核となる種が生まれました
“気配”とは「はっきりとは見えないが、漠然と感じられるようす。」と国語辞書には記されています。「目に見えない世界を信じる」とは乱暴な言い回しだが、美術には物理と精神の間を表現する機会がいまだに与えられているのだと私は考えます。

今回は動画を縦糸の様に切りわけ、織り込んだ新シリーズ「60☓100」や、心霊写真をヒントにした「Spook photo」シリーズなど、従来のコラージュ作品に加え、スタジオロケーションを活かし、視覚以外で”気配”を感じられる遊び場=インスタレーションを発表します。ぜひ、この機会にご高覧、ご参加頂けますよう宜しくお願い申し上げます。

cobird/コバード 個展「氣配」
会 期:2017年2月18日(土)~3月5日(日)火曜・水曜日休み
時 間:11:00~18:00
会 場:光明寺會館2Fスタジオ/広島県尾道市東土堂町2-1


作家 ウェブサイト

http://cobird.tumblr.com/

光明寺會舘学校 2017 vol.1 


映画『SOUL ODYSSEY -ユーラシアを探して-』より 

「ヨーゼフ・ボイスとナムジュン・パイクのユーラシア」

講師 渡辺真也 / インディペンデント・キュレーター 

この度は「ヨーゼフ・ボイスとナムジュン・パイクのユーラシア」をテーマに、渡辺さんの映画製作での記録やこれまでの活動についてスライドを交えながら語っていただきます。

【 光明寺會舘学校 2017 vol.1 】
日 時 2017年2月21日[火] 19:00〜
参加費 1,000円+1ドリンクオーダー
場 所 光明寺會舘/広島県尾道市東土堂町2-1

お問合 Mail/aironomichi@gmail.com



 






















この映画は、私、渡辺真也のユーラシア大陸横断の旅を辿ったものです。8年に渡るアメリカ生活にて、私は「アジア人」と呼ばれる様になりました。日本人である私は、アジア人として生まれたのではなく、その時をもってアジア人になったのだと気づきます。同じくその頃、私はドイツ人アーティストのヨーゼフ・ボイスと韓国人アーティストのナムジュン・パイクによる生涯に渡るコラボレーション活動『ユーラシア』に出会いました。彼らは分断されたヨーロッパとアジアを、一つの大陸文化『ユーラシア』として統一しようと試みたのです。彼らの『ユーラシア』の夢を実現すべく、私はベルリンから故郷である静岡まで、13 カ国を横断し、文化の連続性を探る旅に出ました。
(映画『SOUL ODYSSEY -ユーラシアを探して-』より抜粋)
 
渡辺真也 Shinya Watanabe
1980年沼津市生まれ。ベルリン工科経済大学講師。ニューヨーク大学大学院修士課程修了後、世界57カ国を単発的に放浪。 国民国家をテーマとした多くの現代美術展をキュレーションし、2016年映画「Soul Odyssey -ユーラシアを探して」にて監督デビュー。昨年は渋谷ワタリウム美術館で開催されたナムジュン・パイク展の共同キュレーター務め、ベルリン芸術大学博士論文「ヨーゼフ・ボイスとナムジュン・パイクのユーラシア」を提出した。
http://www.shinyawatanabe.net/





2016-12-25

柴田元幸 朗読ツアー 2017/1/22(日)


ブライアン・エヴンソン『ウインドアイ』刊行記念
翻訳家  柴田元幸
朗読ツアー 広島 尾道

























アメリカの作家・ブライアン・エヴンソンの日本での第2短篇集『ウインドアイ』の刊行を記念し、本作を翻訳した柴田元さんの朗読ツアーが岡山・鳥取・島根・広島と開催されます。
http://www.shinchosha.co.jp/book/590132/
広島公演は、1月22日(日)に当館にて開催されます。

【広島公演】
会 場:光明寺會館(広島県尾道市東土堂町2-1)
日 程:2017年1月22日(日)
開 場:13時30分 開演:14時 終演:15時30分
料 金:予約/2500円+1オーダー 当日/2700円+1オーダー
定 員:40名さま(全席自由)
出 演:柴田元幸(朗読&トーク)、nakaban(幻燈)
出店/協力:ホホホ座尾道店コウガメ

柴田元幸 (しばた もとゆき)
1954年京都生まれ 翻訳家 東京大学名誉教授 文学誌「MONKEY」編集長 
『生半可な學者』で講談社エッセイ賞、『アメリカン・ナルシス』でサントリー学芸賞、トマス・ピンチョン著『メイスン&ディクスン』で日本翻訳文化賞を受賞
ポール・オースター、スティーブン・ミルハウザーなど、現代アメリカ文学を中心に訳書多数

2016-12-18

第1回 シマナ見エール 12 / 23 (祝)


第1回 
シマナ見エール  瀬戸内あっちとこっち側

愛媛と尾道を繋ぐ橋、しまなみ海道を行ったり来たりしているうちに楽しいことが沢山広がりました。
そんな中で出会った人々が23日に尾道光明寺會舘に大集
合!
とびきりのイベント開催致します!

美味しいものが勢揃いのマルシェ、トークショー、ワークショップ、ライブなど盛りだくさんの年忘れな一日。更に広がるべく、皆さん集まれ~!!

【 日にち 】 2016年12月23日[金・祝]

【 時 間 】 12:00〜20:00 *詳しくは下記をご覧ください
【 入場料 】 マルシェ・トーク/無料 ライブ・ワークショップ/下記をご覧ください
【 会 場 】 光明寺會舘/広島県尾道市東土堂町2-1


 






















23日のラインナップ! 
◇ 12:00〜無くなるまで マルシェ《愛媛と尾道の美味しい処8店舗》/入場無料
《愛媛より》 
◉ 田中戸(三津)

・えひめなのにりんごのケーキ(酒菓子)  / slice 450円 whole 5,300円 
・クラムチャウダー~広島牡蠣へのオマージュ~
・島のドリンク 400円~ 
・ロマンチックな小話 50,000円~ 
うお駒(今治)
・雑貨、CD、ウオコマちゃんグッズ、シャンパン
◉ ヤキモノヤ黒岩(広田村)
・日頃使える焼き物ほか
宗方喫茶室(大三島)
・珈琲と焼き菓子

《尾道より》
AIR CAFE
・冬に嬉しいビーフストロガノフ たくさんのお野菜と一緒に 600円
・夜には旬の美味しいおばんざい 300円〜
・自家製シロップのドリンク、ビール、自家製ホットワインなど 400円〜
○ab
"DJ \PoP/の手作りベーグルサンド 500円
ホホホ座尾道店コウガメ
・ケーキ、タルト 350〜400円
・クッキー 210〜250円
・プリン 300円 
・シュトーレン 1300円(在庫次第)
・カレンダーや雑貨 500〜2000円 などなど
USHIO CHOCOLATL
・チョコレート 800円
・クラックヒップカカオ 300円

◇ 12:00〜16:00 ワークショップ/
参加費一人500円 
jari + jar WoRKSHoP タレルの森
・タレルの森へようこそ!いろいろな色のスライムと作って、おもいおもいの場所でたらしてタレルの森を作りましょう!
TOM TOMの漂着デコレーション 漂着DECO
・漂着海女によってひとつひとつ丁寧に採取された愛媛県産の漂着物をご用意しております。あなたの暮らしの棚に漂着物を飾ってみませんか?

14:00〜 specialトークショー
A &A のお悩み相談
・三津のアキくんと尾道の篤によるお笑いユニット
ナオミの部屋
・尾道のナオミさんと愛媛のナオミさんのふわっとしたトークショー

18:00〜20:00 specialライブ/前売り2,500円 当日3,000円
opening act マコロン + サトコ
Cemical Cookers
中ムラサトコ + TOM TOM +ササキ ヨウヘイ(OHPJ)
thump
みかみみか生誕祭 『セントミカミミカ』

◇ お問合わせ 光明寺會舘 / AIR CAFE
Mail aironomichi@ybb.ne.jp
facebook https://www.facebook.com/komyojihall/
 


2016-12-17

AIR Meeting 2016


12月16日金曜日、AIR Meeting 2016がありました。
今年の光明寺會舘、AIR Onomichi、ONLY CONNECTの活動報告や、近況報告など。
とても寒い日でしたが、はじめから終わりまではおよそ5時間に及びました。

AIR CAFEは食事を用意しました。
この日は山形県のお土産の食材を使って。



《酒粕で作る芋煮》
山形の酒粕を使って里芋、豚肉、こんにゃく、油揚げ、椎茸、長ネギを味噌味で仕上げました。

《蒸し野菜の塩漬けきのことおろし鶏ひき肉のあんかけ》
こちらも山形の塩漬けきのこと大根おろし、鶏ひき肉を少しの醤油で味付けしたあんかけを蒸した白菜、長ネギ、エノキ、豆腐などにかけて。

《塩豚・レモン鶏とニンジン・もやしのナムルレタス巻き》
手間をかけて作った塩豚とレモン鶏をナムルと一緒に。

《漬け卵》
 
お皿を華やかにしてくれる卵は漬けに。
《熊本のふかし芋》
熊本の甘くておいしいさつまいもはふかしただけでごちそうです。


2016-12-08

AIR DIVE TOUR 2016/高橋家公開



AIR DIVE TOUR 2016




























12月10日[土]・11日[日]に、AIR Onomichiの現場を中心に、普段あまり歩かない尾道のディープスポットを散策するイベント
「AIR DIVE TOUR」を行います。

◉ 12/10
[土] AIR zine 編集室によるAIR DIVE TOUR 
集合場所 光明寺會舘  
時 間  
集合 : 15:50 出発 : 16:00
参加費  500円(資料代)+ ロダンの飲食代 
まず、筒(天体望遠鏡)で尾道城を観察。その流れでAIRzine筒号を読みながら耕三寺を想像します。次に、泡立草などパイオニア種と呼ばれる緑が侵食しているエリアと森の境目にあるAIRのサイトと黄色いアパート界隈を歩き、見晴らし亭横の巨石ゾーンを下って本の家を見学。新開のポプラでOBJのバックナンバーをコピーし、最後、ロダンで横谷奈歩のラジオドラマを聞き、まだ見ぬAIRzine「十」号の話をします。
資料 AIR zine筒号、尾道城パンフ(コピー)、OBJ(尾道文化情報コピー)


◉ 12/11[日] 高橋家訪問 もうひとりとあるく
集合場所 光明寺會舘  
時 間  
集合 : 12:50 出発 : 13:00
参加費  500円(資料代)+ 観覧料(なかた美術館) 
AIR Onomichiの運営をしているもうひとり(小野環、三上清仁)と高橋家を訪問する企画。光明寺會舘から最短ルートで長江方面に抜けます。まず、山木戸通りにあるAIRのレジデンスルーム「本の家」を見学。その後、高橋家に向かい、高橋家ではアーティスト横谷奈歩氏によるお話を聞きます。
最後に希望者で、なかた美術館で開催中の企画展「小林和作に出会う」を見学します。
資料 AIR zine赤号






高橋家公開 2016
AIR Onomichi (*1)招聘アーティスト・横谷奈歩は 2013 年より「高橋家(*2)にまつわる物語」 で高橋家におけるリサーチをメインに創作活動を展開してきま した。家の持つ記憶を読み解きながら、現在にも脈々と引き継 がれている家族の物語を新たな視点で紡ぎだしていきます。創作活動はこれからも展開していきますが、これまでのリサーチ の成果と高橋家の空間に触れていただく機会となります。 
*1  AIR Onomichi 2007 年より隔年で開催しているアーティスト・イン・ レジデンス。国内外より美術家を招聘し、尾道の斜面地にある空き家・ 廃墟などを舞台に活動を展開している。
*2  高橋家とは、尾道・長江エリアにある高橋家の邸宅。昭和 25 年頃よ り高橋武氏とご家族が約 40 年間居住した。武氏次男にあたる玄洋氏は、 20 歳頃まで高橋家に居住した。

【観覧料】 無料
【日 時】 12月9日[金] •10日[土] • 11日[日]/ 11:00〜16:00
【問合せ】 光明寺會舘/ https://www.facebook.com/komyojihall/
【主 催】 AIR Onomichi実行委員会、横谷奈歩

*関連展示*
「小林和作に出会う」 なかた美術館
【会 期】 2016年10月8日 - 2017年2月19日/
9:00~17:30
【休館日】 月曜日 ※12/28 - 1/4 冬季休館
【料 金】 一般:800 円団体(20 名以上)・前売り・障害者割引:500 円 学生:300 円(尾道市内の学校に通う学生、及び小学生以下無料)

*ラジオ放送@エフエム尾道*
【予告編 】 12月8日 [木] 18:10〜 約7分
横谷奈歩が作品のきっかけや想い、あらすじ、 尾道になぜ関わりを持つようになったのかについて語ります。
【本 編】 12月10日
[土] 19:10〜 30分間
なかた美術館 企画展 出品作品のラジオドラマ「高橋家にまつわ る物語」がオンエアされます。
なお、FMおのみちwebにて、全国で聴けます。
詳しくはなかた美術館ブログより
http://www.nakata-museum.jp/blog/

 

2016-11-16

光明寺會舘学校2016 vol.6


Art Critic Talk  

小倉 正史
 
1960年代以降  『態度がフォルムとなるとき』からカスパー・ケーニッヒまで

「今日の現代アートはどのようにもたらされたのか」をテーマとする小倉正史氏による連続講座の第3回です。今なお伝説的に語られる展覧会『態度がフォルムとなるとき』(キュレーター:ハロルド・ゼーマン、1969年)以降のヨーロッパの興味深いアートの動向。それらはヴェトナム戦争、5月革命など国際情勢とどのように関連があったものなのでしょうか。
今回は当時から現在に至るまで重要なキュレーターであり続けているカスパー・ケーニッヒ(1946〜)を中心にお話しします。ケーニッヒはドイツ・ミュンスター彫刻プロジェクト(1977)の設立にも関わったキュレーターでもあり、90年代にはフランクフルト Städelschuleの学長として展示スペースPortikusを設立。
2000年からはケルンLudwig美術館のディレクターを務め、2014年にはManifestaのキュレーションを行い、2017年にはキュレトリアルチームの一員としてミュンスター彫刻プロジェクトに関わります。


日 時 2016年11月25日[金] 19:00〜21:00
場 所 光明寺會舘
参加費 一般 500円 学生 無料 + ワンドリンクオーダー
お問合せ 光明寺會舘
     Mail   aironomichi@ybb.ne.jp
     facebook   光明寺會舘Facebook